便秘に直接効く薬


| | コメント(0) | トラックバック(0)

便秘に直接効く薬というのは実にたくさんあります。確かにテレビを見ていても便秘薬のテレビコマーシャルを見かけることは多いので、中にはかなり名前が有名なものもあります。便秘を解消するために下剤を飲む、というのは古くから用いられてきた方法です。下剤というのは古い呼び方ですが、現在も便秘薬として色々な商品が売られています。それでは便秘に効く薬を段階別に見てみましょう。段階別、というのは最初に試した薬が効かないのでもっと強い薬、という具合に症状の段階という意味です。
まず第一段階として便秘の深刻度もそれほど高くない場合です。そんな時にはあまり作用のきつくない薬で充分なので、ピコスルファートナトリウムという薬剤が最適です。商品としては「ソフィットピュア(藤沢薬品)」や「コーラック ソフト(大正製薬)」。コーラックは古くから便秘薬として有名なので名前をご存知の方も多いかと思います。
便秘の深刻度が高く、対処に急を要する場合はすぐに効く薬の出番となります。あくまでもどうしても今だけは出したいという場合にのみ短期間にしようする薬で継続的に使用して体質を改善するというものではありまあせん。商品としては「スルーラックS(エスエス製薬)」や「武田漢方便秘薬(武田薬品)」や「コーラック(大正製薬)」などが該当します。これらはかなりきつい薬なので、先ほども申し上げたように、どうしようもないという場合にのみ使用するようにしましょう。
さて、西洋医学に対して東洋医学でも便秘に対処する方法は研究されています。別の項でツボについてお話しましたが、ここでは東洋医学のもうひとつの柱、漢方薬です。まずは東洋医学による便秘の認識についてお話します。
人間の体内にある内臓の働きがそれぞれ連携しあって初めて健康は生まれます。いわゆる消化器官のことを東洋医学では「脾胃」といいます。食べ物が口から入るとまずはこの脾胃によって必要なものと必要でないものに分けられます。必要なものを「清」、必要でないものを「濁」と呼び、清は体内の必要な箇所に運ばれていき、濁は排出されます。便秘というのはこの濁が正常に機能していない状態を指します。
そのため、漢方では脾胃の機能を高める薬が処方されます。実際には黄耆建中湯(脾胃の気をより強める効果があります)、桂枝加芍薬大黄湯(肝気が脾胃に乗じないようにして、便秘のスパイラルを断ちます)、四物湯(補血の基本方剤なので、内臓機能全体を高めます)...これらの漢方薬が便秘に効くとされています。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 便秘に直接効く薬

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://constipation.infoippo.com/mt41/mt-tb.cgi/414

コメントする

このブログ記事について

このページは、 ippoが2008年2月28日 10:25 に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「便秘に効く・便秘を予防する食生活や食べ物」です。

次のブログ記事は「便秘スパイラル」です。

最近のコンテンツはインデックスページ で見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページ で見られます。